トップ / インプラントの素材とは

骨にインプラント

インプラントの素材とは

インプラントで気をつけたい事

インプラントは、失った歯を安全に取り戻す為にとても便利なものです。綺麗な歯だと笑顔も美しく、食事も美味しく食べる事が出来ます。インプラント手術を行った後に、気をつけなければならないことがいくつかあります。オペの後は、歯茎が腫れやすく痛みを伴う場合があります。ですので、口を大きく開きすぎない事が大切です。歯磨きをする時にも、歯ブラシが直接触れないようにする事も大切です。ポイントをしっかり押さえて、健康な歯を保ちましょう。

インプラント治療と顎の骨

インプラント治療で人工歯根を埋め込む前に確認しておくことがあります。それは自分の顎の骨の状態です。失った歯の部分の顎の骨が痩せていて、人工歯根を埋め込むことができないケースもあるからです。そういったケースでは骨を再生して人工歯根を埋め込むようになり、主に二つの方法が用いられています。一つがGBR法と呼ばれるもので、もう一つがサイナスリフトと呼ばれるものです。どちらの方法を用いて治療するのかは、顎の骨の状態によって歯科医と相談した上で、適したものを選択して行うようになります。

↑PAGE TOP