トップ / 歯科での保険適用の治療

歯科の保険適用は

歯科での保険適用の治療

歯科における自由診療とは

自由診療とは保険を適用することができない診療のことをいいますが、一般的には厚生労働省から承認されていない治療方法や処方を行なう場合に該当する診療方法となります。当然のことながら診療方法が認可されていないので、その対応方法を行なっても罰せられる訳ではありませんが全ては自己責任において対応することになり、治療代金についても一切の保険適用がなされない状態となります。歯科における自由診療ですが、通常の虫歯治療全般は保険適用範疇となります。ところが虫歯や歯周病などの口内トラブルを防ぐ為の予防に分類された場合は治療行為ではなくなるので保険適用外となってしまうのです。当然のことながら審美歯科なども美容目的となり、かかる治療費が全額自己負担になってしまうので注意が必要です。

歯医者の自由診療について

歯科の治療は基本的なものであれば保険が適用されます。しかし、銀歯ではなく白い詰め物を希望すると、保険は適用されずに自由診療になります。保険診療は国によって治療費が決められていますが、自由診療であれば歯科医院が独自に治療費を決めることができるため、同じ治療をしても金額が異なります。ホワイトニングや歯の矯正なども保険がききません。入れ歯にも保険がきくものと、きかないものがあります。材料や作り方によって保険が適応するかどうかは異なります。保険外治療は金額が高いですが、その分よりきれいに自然な見た目にすることができます。

↑PAGE TOP