トップ / 歯科の定期健診は大切

歯科に定期的に行く事

歯科の定期健診は大切

歯科で大切な定期検診を

歯が痛いとか、歯茎の具合が良くないとか、なんらかのトラブルがないと、歯科には行かないという人も多いかもしれません。しかし、定期的に歯医者で検診を受けている人は、その重要性をよく知っているものです。歯が痛くて我慢できないというときには、例えば虫歯だったらかなり進行している状態といえます。また、大人の大半の方は、歯周病または予備群であるという報告もされています。なので、自覚がなくても歯科医院でチェックしてもらうことが大事です。定期検診を受けて、いつまでも健康で美しい歯と歯茎を保ち、輝く笑顔で暮らしていきましょう。

歯医者で受ける定期検診

歯科医院は痛くなったら行くということを繰り返していると、歯はどんどん悪くなっていきます。そのため、痛みなどの自覚症状がなくても定期検診に行くことが、歯を守るために大切です。定期検診では、虫歯や歯周病になっていないかを確認し、口の中のクリーニングを行います。歯科は痛いものだと思っている人が多いですが、検診では痛みをともなうことは一切ありません。健康な大人であれば半年に一度程度、歯周病が進んでいたり、虫歯になりやすい子供であれば三~四カ月に一度程度行くのが目安になります。こうすることで、一生自分の歯で噛める健康なお口を手に入れられます。

↑PAGE TOP